トピックス

祝サイクルルート「仁王輪道」誕生!昭和レトロコース試走レポート

旬情報告知 日付:2019/2/27

国東半島にサイクルルート「仁王輪道」誕生。ショートコースを試走しました。

仁王輪道のロゴマーク仁王輪道のロゴマーク

仁王輪道(におうりんどう)」とは、国東半島に位置する4市町(豊後高田市、国東市、杵築市、日出町)をめぐるサイクルルートのこと。正式名称は「国東半島サイクルルート」ですが、国東半島の特徴ともいえる仁王像の力強さにあやかって通称「仁王輪道」と名付けています。
仁王輪道の基本コースは9ルート。サイクリングに慣れた人向きのコースが多いなか、今回は比較的短距離の「豊後高田昭和レトロコース(走行距離41km)」を試走した模様をご紹介します。

豊後高田昭和レトロコース(41キロメートル)

昭和の町を出発して内陸方面へ。県道29号を経由し、左手(県道548号方面)へ分岐。修正鬼会(しゅじょうおにえ)で知られる天念寺・川中不動、国の名勝「天念寺耶馬」を見ながら道なりに方角を変え、「無動寺耶馬」「真玉温泉山翆荘」を通過。海に向かって走ると国道213号「恋叶ロード」とぶつかります。通称「恋叶トンネル」の真玉人道トンネルを抜けると、日本夕陽百選の「真玉海岸」が見えてきます。「チームラボギャラリー真玉海岸」を越えて恋人の聖地「粟嶋公園・粟嶋社」で折り返し、国道213号を南下すると「昭和の町」ゴールです。
コース序盤の天念寺まではなだらかな登りが続きますが、最高勾配は348メートル。その後は起伏が少なく、走りやすい点も魅力的なルートです。
途中で温泉があるのも高ポイントかも?
 

昭和の町を出発!

豊後高田バスターミナルから歩いて30秒。昭和ロマン蔵にはサイクルポートがあり、レンタサイクルもあります。今回はクロスバイクをレンタル。1日500円とは安い!

天念寺・川中不動

まずは東側、内陸の方角に向けて進む。広々とした県道29号線を往くと、「鬼会(おにえ)の里」の看板が見えてくる。農協のATMがある三叉路を左手に進む。豊後高田市立戴星学園(小中一貫校)を左にみながら通過。広い登り坂の県道548号線からさらに三叉路を左手に。長岩屋川に沿って進むと天念寺・川中不動に到着します。

無動寺

そのまま道なりに進むと、最高勾配の付近で進行方向が東から西へ。急な上り・下りや急カーブがあるので注意が必要です。ルートがフラットになって落ち着いたころ、右手には国の名勝に指定された無動寺耶馬が。ふもとの「無動寺」が見えてきます。

真玉温泉山翆荘
 
国東半島一の古湯「真玉温泉」は、メタケイ酸を豊富に含む炭酸水素塩泉が「美人の湯」の名前も持つお湯。昼間は立ち寄り客もOKのレストランもあるので、休憩にぴったりです。
事前予約すれば、タラソテラピーリラクゼーションプログラム「花の岬」の施術を受けることも可能ですよ。

真玉人道トンネル

通称「恋叶トンネル」として知られる真玉人道トンネルは、車が通行するのと並行した通行者・自転車専用トンネル。”恋叶ロード”沿線にふさわしく、トンネルの壁面には可愛らしいイラストがいくつも書かれており、記念撮影に来る方も多いスポットです。

真玉海岸

真玉人道トンネルを抜けると、緩やかなカーブの先に海が見えてきます。
ここが日本夕陽百選で知られる真玉海岸。夕日が照らす海と干潟の縦模様が見せるコントラストは、息を呑む美しさです。

粟嶋公園・粟嶋社

昭和レトロコースの折り返しとなるのが、恋叶ロード沿いの「粟嶋公園」。
海に向かって5分ほど歩くと、女性の願いならひとつは叶えてくれる「粟嶋社」もあります。海に突き出た岩窟に朱色の小さなお社が美しいです。「願い石・叶え岩」で運試しする人も多いスポットです。
海沿いは風が強いので、気を付けながら昭和の町を目指しましょう。

走行記録

適度に休憩をとりながら行きました。平均スピードは時速18.4kmで、所要時間は2時間12分。最高速度が44.6km出ています。
実質2時間程度のサイクリングで消費カロリーが1,438というのは、ほかの運動に比べても多いですね、改めて見て驚きました。サイクリングは景色が変わりながら往くので飽くことなく、五感に楽しめるアクティビティだと感じました。

試走レポート
・昭和の町をスタートしてすぐの県道29号は、一部やや急な上りあり。
・天念寺を周辺から無動寺周辺の山間部が最大の難所。しかし、サイクリングならではのスピード感で、疾走感がとても楽しい。
・フラットなポイントに戻ってくる、真玉温泉山翆荘あたりは一休憩にうってつけ。
・国道213号(恋叶ロード)に入ると、先ほどとはうって変わって海を眺めながらのサイクリング。
2~3時間程度のショートライドでも町と山と海とさまざまな表情が見られてよかった。
・トイレ休憩、お茶休憩する場所も各所にあるので、不安になることはなかった。季節がよくなったらまた行きたい!
 
Copyright © 豊後高田市観光まちづくり株式会社. All right reserved.