観光スポット&お店情報

龍のタカラバコ

昭和の町

食べる

お土産

  • 「龍のタカラバコ」は、新町1丁目商店街にある「昭和の店」

    「龍のタカラバコ」は、新町1丁目商店街にある「昭和の店」

  • 店内は見ているだけで楽しくなる雑貨がたくさん

    店内は見ているだけで楽しくなる雑貨がたくさん

  • 「いま居る時代」を忘れそうになる空間です。

    「いま居る時代」を忘れそうになる空間です。

  • 大人も子供も夢中になる「スライム」!

    大人も子供も夢中になる「スライム」!

  • 店頭に並ぶディスプレーも魅力満載

    店頭に並ぶディスプレーも魅力満載

  • 一店一宝は、大正時代に初代が使っていたレジスターです。

    一店一宝は、大正時代に初代が使っていたレジスターです。

住所 豊後高田市新町976-1
電話番号0978-22-3960
エリア高田地区
カテゴリ店舗 / 居酒屋・スナック・バー / 雑貨店・販売店
こだわり子連れで楽しい / しっとり大人旅 / 昭和の町周辺
営業時間10:00~17:00
休み月曜日(祝日の場合は営業)
ホームページhttps://www.facebook.com/ryuunotakarabako
龍のタカラバコFacebookページ(※外部リンク)
「龍(りゅう)のタカラバコ」は、新町1丁目商店街にある「昭和の店」。昭和の町案内のスタート地点でもある「案内人の玄関口」といえる場所にあります。
オーナーの安藤さんが「ファミリーに楽しんでもらいたい」想いを持ってお店づくりをしておられます。
店内を見回せば、その言葉のとおり「お父さんには美味しいお酒」「お母さんにはアクセサリーやカワイイ雑貨」「子どもたちはいろいろな玩具」と、バラエティに富んだまさに”タカラバコ”です。

昭和の町の散策がより楽しくなる案内動画♪
昭和の町を訪れた誰もが気軽に「昭和の店」を楽しめる動画です。手のひらに乗せてぶらりと散策してみませんか?
▼昭和の町 手のひら案内人『龍のタカラバコ』
https://www.showanomachi.com/shop_movies/detail/22

 

お店の前にある一店一宝の紹介看板お店の前にある一店一宝の紹介看板

「龍のタカラバコ」は昭和の店の一つです♪

■一店一宝
『1960年代のレジスター』

店頭の瓶コーラの自動販売機に目が釘づけ。懐かしーい!

飲み終わった瓶は返却して再利用。物を大切にした昭和時代ならではのエコな仕組みですね。

店内にもワクワクするようなコーナーがたくさん。
「千本引き」は、箱の上にある紐を1本選んで引き上げるとお楽しみパックがひとつ釣れます。狙ったものが釣れるかな?
これは子どもたちのテンションもうなぎ上り!

可愛くてユーモラスな新商品が度々登場することで知られる「龍のタカラバコ」。
店頭に並ぶそんな雑貨の数々が「龍のタカラバコ」のひとつの魅力として、間違いなくもう一つの魅力が、店内奥のこのスペースです。

福岡県北九州市では、酒屋の店頭で酒を飲むことを「角打ち」と呼びますが、大正時代から続く酒屋の4代目の安藤さん、この北九州の角打ち文化に敬意を表して「角打ち酒場」のコーナーを設けておられます。

角打ちらしく、缶詰やスナック菓子をアテにして、気楽に飲めるのが魅力。酒屋4代目の安藤さんが選んだお酒も並び、会話も楽しめます。

なお、安藤さんは、豊後高田市NO.1の飲み屋街「宮町商店街」で『The豊後高田酒場 ヒミツ基地』も運営されています。角打ちで話たりないホロ宵(ほろよい)のあなた、ヒミツ基地にご案内しますよ☆

飲み応えのあるコクと麦の心地よい香りが特徴!飲み応えのあるコクと麦の心地よい香りが特徴!

地元のマイナーヒーロー『昭和仮面』の麦焼酎も販売しています♪
昭和パワーで元気をもらえるかも?!

お取り寄せも可能!
価格は1,200円(900ml)です♪

地図
Copyright © 豊後高田市観光まちづくり株式会社. All right reserved.